矯正歯科とは

症例写真

矯正歯科の流れ

1.初診時にカウンセリング

患者様のお口のなかの状態や歯並びを見て、患者様の疑問解消のために色々な質問にお答えします。

次へ

2.精密検査

詳しい診断と今後の矯正治療の計画を立てるために精密検査を行います。歯や顔の写真を撮ったり、あごの骨のレントゲンの撮影、歯型取り、それと同時に顔と 口もとのバランスを見たり、咬み合わせの検査などあらゆる検査を行っていきます。小児矯正の場合は、顎の成長具合を確認し早期に治療が必要かどうかを判断 します。すぐに治療が必要でない場合は観察期間を設け、矯正治療に最適なタイミングになったら治療を開始します。

次へ

3.検査結果の説明

検査結果をもとに、今後の治療方針や期間、費用などを詳しくご説明します。
患者さんお一人お一人のご希望を伺いながら、症状に合った治療方法や装置を話し合いながら今後の治療方法について決定していきます。

次へ

4.矯正前の治療

虫歯などがある場合には、装置を装着する前に治療します。また、徹底的なブラッシング指導を行います。

次へ

5.矯正装置装着

目的や症例に合わせて装置を装着します。装着後はワイヤーの調節や歯の状態をチェックするために1ヵ月に1度程度の通院が必要です。
(通院の頻度は症例や個人差などがありますので、あくまでも目安です)

次へ

6.装置の撤去

装置を外し、歯の表面をきれいにするためクリーニングを行います。

次へ

7.保定(リテーナー装着)

装置を外しましたら、最初の半年間が一番元に戻りやすいため、歯が元の位置に戻るのを防止するためにリテーナーという保定装置をつけます。この期間中は一日中装置を付けます。定期的に通院していただき、歯並びの状態をチェックします。

次へ

8.治療終了

これで、一通りの治療は終了です。
しかし、矯正治療が終わっても半年に1度は定期検診して、きれいになった歯並びや咬み合わせを維持していきます。